マッピング & ロケーション開発 (ArcGIS for Developers) 2020 振り返り

480
0
12-22-2020 05:45 PM
Labels (1)

マッピング & ロケーション開発 (ArcGIS for Developers) 2020 振り返り

はじめに

2020 年も残すところあとわずかとなりました。マッピング & ロケーション開発のプラットフォームである「ArcGIS for Developers」を最大限活用いただくために、ESRIジャパンの開発者製品 Enterprise 製品を担当するチームでは、ArcGIS の開発や Enterprise 製品の活用に係る情報発信を行ってまいりました。今年は新型コロナウイルスの影響によりウェビナーでの開催となったイベントもありましたが、これらのイベントで使用した資料やサンプル コードは、その都度公開しております。

また、ArcGIS プラットフォームを拡張するパターンは多岐にわたり、開発者向けの製品が多いことから、初めての方は欲しい情報を探す時間が長くなりがちです。

そこで、今回の記事では、昨年と同様、2020 年に公開したイベント資料やブログ記事を中心に、API/SDK などのカテゴリー別にリンクをまとめておきたいと思います。各リンクにはそれぞれ、紹介している内容のレベルの目安として、【基礎】、【応用】 のフラグを付けています。気になったリンクがあれば、この機会にブックマーク等していただければ幸いです。

 

ArcGIS for Developers

イベント資料

  • マッピング&ロケーション開発最前線 2020:イントロダクション (資料) / ArcGIS 開発者製品の概要と最新動向 (資料) 【基礎】

   ArcGIS for Developers でできることやその最新動向について紹介したイベント資料

 

ArcGIS API for JavaScript

イベント資料

  • ArcGIS 開発者のための最新アプリ開発塾 2020ArcGIS API for JavaScript を使用して Web アプリを開発してみよう!(資料/ハンズオン) 【応用】

   ArcGIS API for JavaScript を使用したウィジェット開発を学ぶことができるハンズオン

 

  • マッピング&ロケーション開発最前線 2020ArcGIS API for JavaScript による Web アプリ開発 (資料) 【基礎】

   API を使用した Web アプリ開発の基礎を紹介したイベント資料

 

ブログ

   API を使用した Web アプリ開発の基礎を紹介したシリーズ記事の続編。ウィジェットの実装や認証について解説した記事

   ArcGIS API for JavaScript と Vue を統合して利用した解説記事

   ArcGIS API for JavaScript と React を統合して利用した解説記事

 

ArcGIS Web AppBuilder (Developer Edition)

ガイド

   ArcGIS Web AppBuilder (ArcGIS Online 版、ArcGIS Enterprise 版、Developer Edition ) で提供されているウィジェットの一覧表

 

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition)

ガイド

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) の開発に役立つガイド集

 

ブログ

   チュートリアル「Create a starter widget」を翻訳して紹介した記事

   チュートリアル「Get map coordinates」を翻訳して紹介した記事

 

ArcGIS Runtime SDK

イベント資料

  • ArcGIS 開発者のための最新アプリ開発塾 2020ArcGIS Runtime SDK for .NET を使用して現地調査アプリを開発してみよう! (資料/ハンズオン) 【応用】

   ArcGIS Runtime SDK を使用した調査アプリケーション構築までを学ぶことができるハンズオン

 

ブログ

   米国 Esri が公開している Data Collection for .NET が持つ主要な機能を紹介した記事

   ArcGIS Runtime の特長であるオフライン ワークフローの 2 つのパターンについて紹介したシリーズ記事

   米国 Esri がオープンソースで公開している AR ツールキットについて、Xamarinによるビルドからデプロイ方法までを解説した記事

 

ArcGIS Pro SDK for .NET

サンプルツール

   ArcGIS Pro SDK を使用したサンプルツール (地域メッシュツール/クリップツール) GitHub上で公開

 

ArcGIS API for Python

イベント資料

  • ArcGIS 開発者のための最新アプリ開発塾 2020ArcGIS API for Python を使用した現地調査用オフライン データの作成 (資料/ハンズオン) 【応用】

   UI や Python スクリプトからオフライン データを作成する方法を学ぶことができるハンズオン

  • ArcGIS 開発者のための最新アプリ開発塾 2020ArcGIS API for Python を使用した Web マップ更新 (資料/ハンズオン) 【応用】

   ArcGIS API for Python で Web マップやホスト フィーチャ レイヤーの更新を学ぶことができるハンズオン

 

ブログ

   ArcGIS API for Python の使い方の基礎を紹介したシリーズ記事

   Learn ArcGIS のレッスンを翻訳して紹介した記事

 

ArcPy

学習資料

   ArcGIS ユーザー向けに Python の基礎や構文の使い方などを紹介した資料

   ArcMap を利用する際の ArcPy を使った処理の基本を紹介した資料

   ArcGIS Pro を利用する際の ArcPy を使った処理の基本を紹介した資料

 

ArcGIS Enterprise

イベント資料

  • マッピング&ロケーション開発最前線 2020ArcGIS Enterprise の拡張と最新動向 (資料)  【基礎】

   ArcGIS Enterprise の概要やその最新動向について紹介したイベント資料

 

ブログ

   ポータル サイトのアイテムに設定するタグの効果的な利用方法の説明

   REST 以外にも存在する ArcGIS Data Store を管理するコマンドユーティリティの説明

   ポータル サイトにシェープファイルのデータを公開する際の Tips の紹介

   Web ページに ArcGIS Web マップやアプリを埋め込む手順の説明

   2020 年 5 月にリリースした ArcGIS Enterprise 10.8 の新機能を紹介

   ArcGIS GeoEvent Server をインストールし、動作させるまでの手順書の紹介

   ArcGIS Enterprise の環境構築時に利用できる System Design Strategies の概要説明

   アイテムの削除やデータのエクスポートなどの許可/不許可などの各種設定の紹介

   Web マップの検索をさらに使いやすくする設定の紹介

   ArcGIS Enterprise 全体をバックアップ/リストアを行う webgisdr の説明と使用方法を紹介

   Esri の UC での ArcGIS GeoEvent Server ArcGIS Velocity への QA の紹介

   Portal for ArcGIS で使用できるブランチ バージョンの概要および機能の紹介

 

ブログ記事アクセス数 TOP 10

今年もブログ記事を定期的に公開してきました!上記と重複する記事もありますが、2020 年公開記事の閲覧数 (2020 12 15 日時点) 上位 10 記事をご紹介します!

 

1 ArcGIS Proでニューヨーク・タイムズの新型コロナの時系列データを可視化する方法

2 続編 はじめてのWeb マッピングアプリケーション開発:ウィジェット編

3 さわって覚える ArcGIS API for Python:基本編 (GIS モジュール編)

4 続編 はじめてのWeb マッピングアプリケーション開発:印刷ウィジェット編

5 「地理院地図Vector」(仮称)をArcGIS で表示してみました - 第2弾

第 6 位アイテム管理のポイントの紹介 – 前編 –:タグを効果的に活用しましょう

第 7 位STAY HOME で マッピング & ロケーション開発を学ぶ方法

第 8 位さわって覚える ArcGIS API for Python:マッピング、可視化編

第 9 位厳選!!知っておくべき ArcGIS Enterprise 10.8 の新機能

第 10 位さわって覚える ArcGIS API for Python:ネットワーク解析編 (前編)

 

おわりに

本記事ではご紹介しきれなかった情報もございますが、上記の中身を見ていただければそれぞれの API/SDK についてご確認いただけると思います。ESRIジャパンの GitHub では他にもサンプル コードなどを公開しており、例えば workshops リポジトリでは過去のイベントで発表した資料やコードがまとまっています。

今後も多くのサンプル コードやブログ記事など、ArcGIS での開発や Enterprise 製品を活用する皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います。

それでは、よいお年をお過ごしください。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

関連リンク

ArcGIS for Developer 開発リソース集

GeoNet 開発ブログ

Esri Japan GitHub

マッピング & ロケーション開発 (ArcGIS for Developers) 2019 振り返り

 

Labels (1)
Version history
Revision #:
3 of 3
Last update:
‎12-22-2020 05:53 PM
Updated by:
 
Contributors