ブランチバージョンの概要

249
0
a month ago
Labels (1)

ブランチバージョンの概要

ArcGIS でのデータ編集にはバージョンを使用した編集を行う機能があります。今回の記事では、ArcGIS Pro 2.2 から実装された、Web GIS に公開したサービスで使用できるバージョン編集の 「ブランチバージョン」 という機能の概要について、ご紹介していきます。

 

ブランチ バージョンとは何か

ブランチ バージョンは、組織の Web GIS に公開されたフィーチャ サービスを介してロング トランザクション1のマルチ ユーザー編集を可能にする唯一の方法です。

1ロング トランザクション =編集を開始してから、ユーザーが編集を終了するまでを1トランザクションとする。UNDO/REDOができる

 

ブランチ バージョンでできる事

ブランチ バージョンでは、ArcGIS Pro 2.2 以上のバージョンからブランチ バージョンとして登録したデータを、サービスとして ArcGIS Enterprise に公開することで、そのサービスを ArcGIS Pro で編集する際にバージョン編集ができます。

 

 

ブランチ バージョンを使用するための事前準備

ブランチ バージョンを使用するには以下の事前準備が必要になります。

① ArcGIS Enterprise (バージョン 10.6.1 以上)  基本配置 を構築

② エンタープライズ ジオデータベース(バージョン 10.6.1 以上)を作成・接続

③ データを ArcGIS Pro のマップに追加し、Web レイヤーとして共有

 

   ①ArcGIS Enterprise (バージョン 10.6.1 以上基本配置を構築

ArcGIS Enterprise の各コンポーネントを 1 台もしくは複数台のマシンにインストールし、コンポーネント同士を連携させ、ArcGIS Enterprise 基本配置を構築します。

ブランチ バージョンの利用においては、タイルキャッシュ データストア の構築は必須ではありません。

参考:ArcGIS Enterprise 基本構成セットアップ ガイド (※要サポートサイトログイン)

 

エンタープライズ ジオデータベース (バージョン 10.6.1 以上を作成・接続

[エンタープライズ ジオデータベースの作成] ジオプロセシング ツールや [エンタープライズ ジオデータベースの有効化] ジオプロセシング ツールにより、エンタープライズ ジオデータベースを作成します。

エンタープライズ ジオデータベースへ接続し、以下を実行。

  • エンタープライズ ジオデータベースにブランチ バージョンとして公開するデータを用意する
  • ジオデータベース コネクション プロパティでバージョニング タイプを [ブランチ バージョン] に変更
  • データセットを右クリックし、[管理] → [Global ID の追加] あるいは [Global ID の追加] ジオプロセシング ツールにより、Global ID を追加
  • データセットを右クリックし、[管理] → [編集情報の記録を有効化] あるいは [編集情報の記録を有効化] ジオプロセシング ツールにより、編集情報の記録を UTC で有効化
  • データセットを右クリックし、[管理] [バージョン対応登録] あるいは [バージョン対応登録] ジオプロセシング ツールにより、バージョン対応登録

 

データを ArcGIS Pro のマップに追加し、Web レイヤーとして共有

ブランチ バージョン対応登録したデータセットを ArcGIS Pro のマップに追加し、ArcGIS Pro の [共有] タブ → [Web レイヤー] → [Web レイヤーの公開] を選択します。

[Web レイヤーとして共有] ウィンドウで以下のように設定し、公開します。

  [一般] タブ

  • データで「登録済みデータを参照」にチェック

            ※ 事前にデータセットのデータベース接続を ArcGIS Server のデータストアに登録

  • レイヤー タイプで「フィーチャ」にチェック

[構成] タブ

  • ケーパビリティで「バージョン管理」にチェック

 

 

ブランチ バージョンの利用制限

  • フィーチャ サービス等の公開先となるプラットフォームとして、ArcGIS Enrterprise 基本配置の構築が必要になります。
  • ArcMap や ArcCatalog からは使用できず、ArcGIS Pro でしか使用できません。
  • トラディショナル バージョン編集とは異なり、編集可能なデータセットはシンプル フィーチャのみになります。
  • 1 人の編集者がブランチ バージョン内で編集を開始すると排他ロックが取得され、他のユーザーはそのバージョンに接続できなくなります。
  • トラディショナル バージョン編集のように作業工程管理などに使用する、子バージョンの下に子バージョンを作成するような孫バージョンを構成することはできず、新たにバージョンを作成する場合は必ず DEFAULT バージョンに対する子バージョンとなります。

 

以上がブランチ バージョンの概要です。

次回(202012)の記事では、ブランチ バージョンで使用できる機能についてご紹介します。

■参考リンク

バージョニング タイプ

エンタープライズ データ管理方法

データセットをブランチ バージョニングでバージョン対応登録

Labels (1)
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
a month ago
Updated by:
 
Contributors