ArcGIS API for Python を使ってみよう①:Jupyter Notebook で使うための環境構築

Document created by wakana_satoesrij-esridist Employee on Feb 18, 2018Last modified by wakana_satoesrij-esridist Employee on Jul 12, 2018
Version 18Show Document
  • View in full screen mode

 

はじめに

 

この記事は、「ArcGIS API for Python を使ってみよう」シリーズその①の記事です。

 

当シリーズブログでは、ArcGIS API for Python(以下、Python API)の使い方などをご紹介していきます。

記念すべきスタートの記事では、このライブラリでできることや使いどころをご紹介しました。

今回は環境構築について説明します。

 

パッケージ インストール方法

 

Python API のパッケージをインストールする方法は次の 2 つがあります。

 

  1. Anaconda からインストール
  2. ArcGIS Pro からインストール

 

ここでは Anaconda からインストールする方法をご紹介します。

Anaconda とはメジャーな Python のパッケージをまとめてインストールできるもので、データ解析をサポートすることで有名な Pandas や 数値計算を効率的に行うための NumPy もこのパッケージにすでに含まれています。

ArcGIS Pro をお持ちの方は、この製品の Python パッケージ マネージャーからインストールすることができます。こちらの方法は後日、別の環境構築手順としてブログ記事を公開予定ですが、Esri ガイド(英語)にはすでに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

 

環境構築手順

 

次の 2 ステップでインストールは完了です!

 

  1. Anaconda イントール
  2. ArcGIS API for Python のインストール

      ※動作要件:Python 3.5以上

 

1.Anaconda インストール

Anaconda のダウンロードページから Python 3.5 以上のインストーラーを使用する OS に合わせてダウンロードし、実行画面に従ってイントールします。

 

ArcGIS 製品をお持ちの方へ注意点

ArcMap Python 2.x 系を使用しています。1 つの端末に違うバージョンの Python が共存することは可能ですが、Anaconda セットアップ時は以下の点にご注意ください。

 

[Advanced Option] の設定

・既にArcGIS製品がインストールされているマシンにインストールを行う場合

[Add Anaconda to system PATH environment variable] のチェックがオフになっていることを確認して下さい。
・既にPythonがインストールされていて、Visual Studio 等の環境から使用している場合

[Register Anaconda as system Python 3.6] のチェックをオフにして下さい

 

 

2.ArcGIS API for Python のインストール

Anaconda がイントールできたら、端末のスタート メニューからAnaconda Prompt を立ち上げて、次のPython APIをインストールするコマンドを入力します。

 

conda install -c esri arcgis

 

 

 

インストールの準備が完了したら [y] を選択してインストールを開始します。

 

 

 

さあ、Jupyter Notebookを起動してみましょう

 

インストールが終わったら Anaconda Promptへ次のコマンドを入力してJupyter Notebookを立ち上げます。

 

Jupyter notebook

 

 

デフォルトに設定しているブラウザーでJupyter Notebookが立ち上がります。

 

新しいノートブックを作成して、Python API のバージョンを調べるためのコードを実行してみましょう。

結果がかえってきたら、環境構築が完了です。

 

# バージョン確認コード

from arcgis.gis import arcgis

arcgis.__version__

 

 

地図は以下のコードで表示することができます。

 

from arcgis.gis import GIS
gis = GIS()
map = gis.map("東京都", zoomlevel = 13)

map

 

 

地図が出ない場合について

Python API のバージョンが古いと地図が出ない場合がございます。

バージョン 1.3.0(2018/02/21 現在)に満たない場合は、次のコマンドで Python API のバージョンを上げてお試しください。

 

conda upgrade -c esri arcgis

 

バージョンアップができない場合について(2018/02/26 現在)

python モジュールの扱い方は pip を使用するなど手段は複数ありますが、この問題に対して行ったコマンドは次の通りです。

必ずしも正しい方法ではないかもしれませんが問題に突き当たった方はお試しください。

 

  • condaのバージョンを下げる

※hatenaブログ conda update --allが出来なくて焦るの記事を参考にしました。

conda install conda=4.2

 

  • 下げた conda のバージョンで root をアクティベートする

conda env list // アクティベートする環境を示す

conda activate root // root 環境をアクティベートする

 

  • 新しい AnacondaPronpt を開いて Python API をアップグレードする
 conda upgrade -c esri arcgis

 

 

ぜひ、実践してみましょう!

 

当シリーズ記事では、引き続き Python API でできることを紹介していきます。

次回は、位置情報が含まれる CSV や、シェープ ファイルから ArcGIS Online へデータをサービスとして公開する方法をご紹介予定です。

 

 

関連リンク集

ArcGIS 関連ページ

ArcGIS for Developers

ArcGIS for Developers 開発リソース集

ArcGIS Online

ArcGIS Open Data

ArcGIS API for Python

シリーズブログ 関連ページ

ArcGIS API for Python を使ってみよう:できることや使いどころ

ArcGIS API for Python を使ってみよう:ArcGIS Pro からの環境構築 (ArcGIS Pro 2.1)

ArcGIS API for Python を使ってみよう②:ローカル端末から ArcGIS Online へデータを作成してみよう

ArcGIS API for Python を使ってみよう③:ArcGIS Online のアイテムを検索してみよう

ArcGIS API for Python を使ってみよう④:ArcGIS Online のアイテムを削除してみよう

1 person found this helpful

Attachments

    Outcomes