ArcGIS Proの拡張性 - 2021年の振り返りと今後の展開

548
0
05-26-2022 06:56 PM

ArcGIS Proの拡張性 - 2021年の振り返りと今後の展開

ArcGIS Pro SDKArcGIS Pro の機能を拡張することができる SDK ですが、昨年は多くの機能拡張があり、今後も大きなアップデートを控えております。

本記事では、米国Esri社の ArcGIS Blog で紹介されている「ArcGIS Pro Extensibility – 2021 in Review and What's Coming」の記事を翻訳してご紹介します。

 

目次

2021 年の Pro SDK の進化
  • Pro SDK 2.8 のアップデート
    • Geodatabase DDL API
    • API の強化
      • Content API
      • Map Authoring API
  • Pro SDK 2.9 のアップデート
    • 新しい アイテム テンプレート
      • レイアウト ツール
      • Table Construction Tool
    • API の強化
      • Content API
      • Editing API
      • Map Exploration API
    • その他の更新
  • 新しいパートナーアドイン

2022年の展望

  • ArcGIS Pro 3.0
    • 3.0 での新しいアドイン
    • 既存のアドインを 2.x から 3.0 に移行する
  • 2022年の新機能

Esri Developer Summit

コラボレーションとフィードバックの共有

関連リンク

 


振り返れば、2021 年も ArcGIS Pro Pro の拡張性が進化したエキサイティングな 1 年でした。

ArcGIS Pro に移行し、ArcGIS Pro SDK for .NET で構築された新しいカスタム アドインを開発する組織が再び増加しました。 アドインを使用すると、組織は Pro を拡張して特定のユーザーのニーズに対応することができます。 開発者は、新しいツールやワークフローを作成し、Pro UI をカスタマイズし、カスタム ルーチンやソリューションを構築することができます。

また、2021 年には、多くのパートナー企業が新しいソリューションや製品として、エキサイティングな Pro アドインをリリースしました。これは素晴らしいニュースであり、これらの新しいアドインは、多くの組織で Pro への移行を可能にし、ユーザーが Pro の豊富な機能をさらに活用できるようにするものです。

それでは、2021 年を振り返り、そして今年、ArcGIS Pro 3.0 Pro の開発に何がもたらされるのか、先取りしてみましょう。

2021 年の Pro SDK の進化

ArcGIS Pro の開発チームは、1 年を通して Pro SDK の新機能をリリースし、Pro API SDK 全般を再び成長させました。

振り返ると、5 月に Pro 2.811 月に Pro 2.9 がリリースされました。Pro の各リリースでは、Pro SDK と多数の Pro API に拡張機能が提供されています。これらの機能は、ワークフローをカスタマイズしようとする組織が活用することができます。

それでは、昨年からの主なアップデートを紹介していきます。

Pro SDK 2.8 のアップデート

Geodatabase DDL API

Pro 2.8 でリリースされた DDL (Data Definition Language) API は、ジオデータベースのスキーマを管理する機能を提供します。

従来、開発者はジオプロセシング ツールを呼び出して、SDK でフィーチャクラスやスタンドアロン テーブルなどのジオデータベース スキーマを作成していました。新しい API では、フィーチャクラス、テーブルとその属性、フィーチャ データセット、ファイル ジオデータベースなどのジオデータベース スキーマを直接作成、変更、削除することが可能です。

ProConcepts DDL ドキュメントで、概念を理解するための詳細を学び、いくつかの一般的なパターンのコードスニペットを確認することができます。

01_ArcGIS-Pro-SDK-Perimeter-Tools-Clip.gif

デバッグモードでDDL APIコードをステップスルーする Perimeter Toolsアドインのデモ

API の強化

各リリースと同様に、2.8 では他の多くの Pro API と機能に対するアップデートが行われました。

Content API

2.8 では、プロジェクトのお気に入りを新たにサポートしました。お気に入りは、フォルダ、データベース、ツールボックス、サーバー、カスタムスタイル、統計データ コレクションなど、よく使う接続先を集めたものです。

FavoritesManager クラスを使用すると、カタログウィンドウまたはカタログビューを介して UI でアクセス可能なお気に入りのコレクションをプログラムによってカスタマイズすることができます。 お気に入りの使用方法については、ProConcepts Content ドキュメントの新しいセクションを参照してください。 また、お気に入りを使用するための新しいコードスニペットも用意されています。

Map Authoring API

オフライン マップのダウンロードと管理に関する新しいサポートが追加されました。同期が有効なフィーチャ サービスのコンテンツを含む Pro のマップは、「オフライン」にすることができます。 オフライン コンテンツとは、ネットワーク接続がない状態でもマップにアクセスできるコンテンツのことです。

オフライン マップの生成と管理については、ProConcepts Map Authoring ドキュメントの新しいセクションで詳しく説明されています。

さらに詳しいコードサンプルは、新しいオフライン マップのスニペットをご覧ください。

Map Exploration API

Reports API は、データソースの変更など、レポートの使用方法を管理するのに役立つイベントを含むいくつかのアップデートを行いました。詳細は、新しいレポート イベント セクションおよび API リファレンスに記載されています。

また、2.8 では、TableControl の使用に関するパフォーマンスの向上が行われました。 詳細は、ProGuide TableControl のドキュメントやコミュニティ サンプルを参照してください。

2.8 リリースの詳細については、以前の ArcGIS Blog を参照してください。

Pro SDK 2.9 のアップデート

新しい アイテム テンプレート

レイアウト ツール

2.9 で搭載された新しいレイアウト ツール アイテム テンプレートにより、開発者はレイアウト ビューやマップ ビュー、レイアウト内のエレメントにグラフィックを追加/編集するためのレイアウト ツールを作成することができます。また、レイアウト ツールは、マップ ビューやレイアウト ビューでキーボードやマウスイベントが発生したときにアクションを実行するためにオーバーライドできる仮想メソッドを提供します。また、ツールの動作を設定できるプロパティや、ビューとのインタラクション時に共通の関数をラッピングするメソッドも提供します。

02_ArcGISProSDK29_LayoutTool.gif

デバッグモードでマップとレイアウトを使用したサンプルレイアウトツール

詳しくは、ProConcepts Layout ドキュメントの新しい LayoutTool のセクションを参照してください。 また、新しい GraphicElementSymbolPicker コミュニティ サンプルでは、LayoutTool を使用した完全なワークフローを紹介していますので、お試しください。

Table Construction Tool

Visual Studio のもう一つの新しいアイテム テンプレートは、Table Construction Tool です。 このテンプレートは、スタンドアロン テーブルの行を作成するための基盤となるTable Construction Tool を作成します。 また、Table Construction Tool は、スケッチ コンストラクション ツール に変更することも可能です。このスケッチのシナリオでは、マップ上のフィーチャから特定の属性を取得し、テーブルの行に入力させるコンストラクション ツールを構築することができます。

Table Construction Tool の実装に関する詳細は、ProConcepts Editing ドキュメントの新しい Table Construction Tool のセクションに記載されています。 また、2 つのスケッチ コンストラクション ツールを含む Table Construction Tool のサンプルを提供する新しい Table Construction Tool のサンプルも参照してください。TableControl の背景については、ProConcepts Map Explorationドキュメントの TableControl のセクションを参照してください。 また、ProGuide TableControl では、コントロールのウォークスルーとサンプルについて説明しています。

API の強化

また、2.9ではProAPIにも多くのアップデートがあり、以下はその一部です。

Content API

Content API では、Geodatabase コンテンツ、ファイル、および CAD データにアクセスするための新しい機能が 2.9 で強化され、開発者がカタログ ウィンドウからこれらのアイテムで直接作業できるようになりました。 これをサポートするために、データセットとデータ定義の検索を容易にするために、いくつかのメソッド (GetDatasetTypeGetDatasetGetDefinition) が ItemFactory クラスに追加されました。 詳しくは、ProConcepts Content ドキュメントの Geodatabase Content セクションを参照してください。

また、2.9 では、Pro アプリケーション オプションのサブセットが ApplicationOptions クラスを介して利用できるようになりました。 このクラスは、開発者がワークフローで使用するためのオプションの取得や、設定を可能にし、時間の節約や一貫性の確保ができます。 アプリケーション オプションの詳細については、こちらのドキュメントで、APIリファレンスはこちらで、新しいコードスニペットはこちらで確認できます。

Editing API

Pro 2.9 では、スケッチ シンボルのカスタマイズを管理できるようになりました。 カスタム MapTool で、スケッチ フィードバックの頂点とセグメントのシンボルを変更することができます。頂点には、選択されていない頂点、選択されている頂点、選択されていない現在の頂点、選択されている現在の頂点の 4 種類があります。 詳細は、ProConcepts Editing Sketch Feedback and Sketch Symbology の項を参照してください。 また、新しいCustomToolSketchSymbologyコミュニティ サンプルで、この新機能の動作をご覧ください。

座標ジオメトリ(COGO)は、土地区画、道路の中心線、公共設備地役権など、フィーチャの計測と位置の特定に使用されるフィーチャ編集技術で、土地記録書類に描かれた寸法をライン フィーチャの属性として取り込むことを特徴としています。2.9 では、新しい ProConcepts COGO ドキュメントが公開されており、COGO 対応のライン フィーチャクラスのクエリと編集に使用するクラスとメソッドの詳細を示す API をカバーしています。

Map Exploration API

2.9 では、GoTo Find のような新しい TableControl の機能拡張と、それぞれの UI の更新があります。 GoTo UI CanGoToGoTo メソッドで表示でき、同様に Find UI CanFindFind メソッドでコード内に表示することができます。

03_ArcGISProSDK29_TableControl.gif

Find メソッドと GoTo メソッドのデモを行う TableControl のサンプル

 

2.9 SDKのリリースの詳細については、以前の ArcGIS Blog 記事をご覧ください。

その他の更新

また、昨年は、コンセプトやガイドといった SDK のオンラインリソースを活用し、上の画像のようなすぐに実行可能なソリューションを含む無償の豊富なコミュニティ サンプルやチュートリアルを使って開発を開始することができました。

また、多くの開発者が 2021 Developer Summit にオンラインで参加し、多くの Pro SDK セッションを利用し、SDK チームや他の多くの ArcGIS Pro チームから直接最新情報を入手することができました。 Pro 開発者は、拡大する Esri Community Pro SDK Group でのコラボレーションも活用しました。このグループには、コラボレーションやリソースの検索、技術的な質問を行うために多くの開発者が参加しています。

新しいパートナーアドイン

2021 年、Esri Business Partners ArcGIS Pro で大きな進展を続け、多くの新しい Pro アドイン製品およびソリューションをリリースしました。 これらの中には、既存の ArcMap ベースの製品のアップデート版もあれば、Pro にしかない新機能を活用した全く新しい製品もありました。

04_ArcGIS-Marketplace.png

以下のパートナーは、ArcGIS Marketplace でアドインの新しい製品リストを作成しており、一部のアドインは直接ダウンロードすることができます。 これらは、この 1 年間に追加された新しいパートナー アドインの一部であり、詳細情報へのリンクも含まれています。

2022年の展望

今年、Pro チームは ArcGIS Pro 3.0 の主要な変更に取り組んでおり、第2四半期に一般提供を開始する予定です。 また、今年の後半には、Pro 3.1 SDK の機能が追加される予定です。

ArcGIS Pro 3.0

3.0 については、Pro 開発チームによる多くの作業が進行中であり、ここで説明するアップデートは、3 月に開催された、2022 Esri Developer Summit でも紹介されました。

まず、Pro 3.0 は、Microsoft .NET 6 (旧称.NET Core) 上に構築されることになります。開発者にとって、これは 3.0 での最も大きな変更点であると思われます。Pro の現在の .NET Framework 4.8 と次期 .NET 6 には違いがあり、Pro 2.x アドインを移行する際に考慮し処理する必要があります。

3.0 での新しいアドイン

3.0 での新しいアドインの開発は、2.x でのアドインの開発とほぼ同じで、開発者のエクスペリエンスにわずかな変更があるだけです。主な変更点は、Visual Studio 2022 .NET 6 を使用することです。現在 Pro 2.9 でサポートされている Visual Studio 2017 および 2019 は、Pro 3.0 の開発ではサポートされません。ただし、開発者はこれまでと同様に、Visual Studio 2022 内で、Pro SDK のプロジェクトとアイテムのテンプレートを使用して、新しいアドインコンテンツを作成することができます。

既存のアドインを 2.x から 3.0 に移行する

ArcGIS Pro 3.0 は互換性を破る変更を伴うリリースであり、パブリック API が変更される可能性があります。.NET 6 への移行に関連する変更のほか、廃止されたクラスやメソッド (以前のリリースで廃止とマークされたもの) の削除、パブリック API の一貫性と品質を向上させるためのリファクタリングに関する変更も行われる予定です。

2.x アドインを 3.0 に移行するには、次の 2 つのステップを行います。

 

ステップ 1: アドインの Visual Studio プロジェクトを Visual Studio 2017 または 2019 .NET Framework 4.x から Visual Studio 2022 .NET 6 に変換してください。この目的のための変換ユーティリティは、3.0 Pro SDK の一部として提供される予定です。

 

ステップ 2:変換されたアドインをコンパイルし、あらゆるコンパイルエラー (重大な変更に関連するもの) を修正します。

 

移行前と移行後のコードスニペットを含む、開発者の移行を支援する移行ガイド ドキュメントを提供する予定です。また、Pro SDK には多くのコミュニティ サンプルが含まれていますが、これらはすべて Pro 3.0 で変換され、開発者が参照できる別の 3.0 コード例として機能する予定です。

最後に、2.9 SDK のドキュメント「Third party assemblies」にあるように、ChromiumWebBrowser コントロール (CefSharp で構築) 2.9 で非推奨となり、Pro 3.0 で削除される予定です。 新しい WebViewBrowser コントロールがその代わりとなり、現在 Pro 2.9 でサポートされています。

2022年の新機能

2022 年の Pro SDK の焦点は .NET 6 3.0 への移行ですが、今年も編集および COGO API の強化、バージョニング サポートと 64 ビット のための Geodatabase API の強化、新しい ArcGIS Knowledge グラフ機能を扱うための API などの新しい SDK 機能が予定されています。

これらの新機能の多くは、今年の後半にリリースされる 3.1 で提供される予定です。

さらに、コンセプト ドキュメントやガイド、コード スニペット、コミュニティ サンプルの強化など、SDK リソースの更新も継続的に行われる予定です。

Esri Developer Summit

Pro SDK の学習機会として今年最も優れているのが、3月に開催された Esri Developer Summit です。 ArcGIS Pro および Pro SDK のセッションに参加して学習し、Pro SDK Pro API を開発する Pro チームのスタッフから直接最新情報を得ることができます。

05_Esri-Developer-Summit-2022.png

Developer Summit 2022では、今年もPro SDKのセッションが多数開催されました。Esri社のArcGIS Blogではセッション動画へのリンクが公開されておりますのでご覧ください。

コラボレーションとフィードバックの共有

これまでと同様、Pro SDK に対するお客様のフィードバックやニーズをお寄せください。Esri Community Pro SDK グループで、情報を提供したり、詳細を確認したり、他のユーザーと協力したりすることができます。 このグループは非常に活発で、開発者は技術的な質問をしたり、既存のスレッドで回答を検索したり、質問に回答したりすることができます。

 

最後に、ArcGIS Pro 2.9 の最新の主な機能の詳細については、ArcGIS Pro 2.9 の新機能ページを参照してください。このページでは、いくつかのエキサイティングな新機能を紹介した次のビデオをご覧いただけます。

 

ArcGIS Pro を活用していただく皆様をお待ちしております。本年もよろしくお願いいたします。


 

関連リンク

ESRIジャパン Web サイト

ArcGIS Pro

ArcGIS Developer 開発リソース集

ArcGIS Pro SDK

ArcGIS 開発者コミュニティ

ArcGIS Pro SDK の学習サイト紹介

Esri 社 (米国) Web サイト

ArcGIS Pro SDK ヘルプページ

Esri社 ArcGIS Blog

ArcGIS Pro Extensibility – 2021 in Review and What's Coming

ArcGIS Pro SDK Sessions Available from Dev Summit 2022

 

 

 

Tags (1)
Version history
Last update:
‎05-26-2022 07:10 PM
Updated by:
Contributors