Eclipse から Android Studio への移行手順

Document created by yoshimi_tsubotaesrij-esridist Employee on Jul 22, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

Android Studio は Android の公式な統合開発環境として 2014 年 12 月にリリースされました。ArcGIS Runtime SDK for Android でもバージョン10.2.5 から Android Studio を正式な開発環境としてサポートしています。

ここではサンプル コードに含まれる HelloWorld を例に、以前の開発環境である Eclipse で作成したプロジェクトを Android Studio へ移行する手順をご紹介します。

 

Eclipse project Android Studio にインポート

  1. Android Studio を起動し、全てのプロジェクトを閉じます。[Welcome to Android Studio] というウィンドウが表示されます。
  2. [Import project(Eclipse ADT, Gradle, etc.)] をクリックします。図1.png
  3. Eclipse ADT project の場所を選択して [OK] をクリックします。図2.png
  4. インポート先のディレクトリを確認して [Next] をクリックします。図3.png
  5. いくつか選択されているオプションがありますが、全て選択した状態で [Finish] をクリックします。図4.png
  6. インポートが終了したら app/src/main/jniLibs にコピーされた ArcGIS のライブラリを削除します。図5.png

 

ArcGIS Maven リポジトリの追加

プロジェクト レベルの build.gradle ファイルを開き allprojects 内の repositories に以下の ArcGIS Maven リポジトリを追加します。

maven {
    url 'http://dl.bintray.com/esri/arcgis'
}

 

build.gradle ファイルは以下のようになります。

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:1.2.3'
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
        maven {
            url 'http://dl.bintray.com/esri/arcgis'
        }
    }
}


ArcGIS Android ライブラリプロジェクトの設定

app module の build.gradle ファイルを開き、スクリプトの最後に以下のようにバージョンを指定して追加します。

dependencies {
    // ArcGIS Android 10.2.6-2 API
    compile 'com.esri.arcgis.android:arcgis-android:10.2.6-2'
}

 

android task の内部に以下の packagingOptions を追加します。

packagingOptions{
exclude 'META-INF/LGPL2.1'
exclude 'META-INF/LICENSE'
exclude 'META-INF/NOTICE'
}

 

build.gradle は以下のようになります。

apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 20
    buildToolsVersion "21.1.2"

    defaultConfig {
        applicationId "com.esri.arcgis.android.samples.helloworld"
        minSdkVersion 15
        targetSdkVersion 20
    }

    packagingOptions{
        exclude 'META-INF/LGPL2.1'
        exclude 'META-INF/LICENSE'
        exclude 'META-INF/NOTICE'
    }

    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.txt'
        }
    }
}
dependencies {
    // ArcGIS Android 10.2.6-2 API
    compile 'com.esri.arcgis.android:arcgis-android:10.2.6-2'
}

Android Manifest の更新

AndroidManifest.xml ファイルを開きます。

  1. <uses-sdk>エレメントを削除します。
  2. <manifest>エレメントから android:versionCode および android:versionName パラメータを削除します。

 

AndroidManifest.xml ファイルは以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
 xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
 package="com.esri.arcgis.android.samples.helloworld">

  <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
  <uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" />
  <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION" />

  <uses-feature
    android:glEsVersion="0x00020000"
    android:required="true" />

<application
  android:icon="@drawable/icon"
  android:label="@string/app_name"
  android:allowBackup="true" >
    <activity
      android:name=".HelloWorld"
      android:configChanges="orientation"
      android:label="@string/app_name">
      <intent-filter>
        <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
        <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
      </intent-filter>
    </activity>
  </application>

</manifest>

 

右上の [Sync Now] をクリックして移行作業は終了です。

Attachments

    Outcomes