ArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインワークフロー ~概要編~

Document created by tomoyasu_fukuiesrij-esridist Employee on Jul 13, 2020Last modified by shinji_katayaesrij-esridist on Aug 20, 2020
Version 10Show Document
  • View in full screen mode

はじめに

Esri社では、ネイティブ アプリを開発するための SDK として、ArcGIS Runtime SDK を提供しています。過去に、GeoNet ではこのArcGIS Runtime SDK について「地図×モバイル アプリ開発」、「デスクトップ地図アプリ開発」シリーズを連載してきました。これらのシリーズでは、ArcGIS Runtime SDK の特長や、地図アプリの基礎となる機能について紹介しております。本シリーズでは、ArcGIS Runtime SDK の特長の1つである、オフラインマップを開発したい方向けにArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインのワークフローについて紹介したいと思います。

 

本シリーズでオフラインワークフロー、データの準備、コードのポイントについて学んでいただき、オフラインアプリの開発を始める方の第一歩として役立てていただければと思います。ArcGIS Runtime SDK を使って開発する際には、ガイドサンプルAPIリファレンスなど多くのリソースが提供されているので併せて参照ください。

 

シリーズの内容は以下を予定しています。

  1. ArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインワークフロー ~概要編~
  2. ArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインワークフロー ~デスクトップ パターン~
  3. ArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインワークフロー ~サービス パターン~

 

1弾では、オフラインワークフローの 2 つのパターンについて紹介し、それぞれのパターンとデータの特徴について学んでいただきます。

 

オフラインを実現するための 2 つのワークフロー パターン

オフラインで地図を閲覧したり、編集をしたり、解析をするためには、オフラインで活用するためのデータを準備する必要があります。そのデータをどのように準備するか、また、ネットワークの接続状態、業務での活用用途によってオフラインを実現するためのワークフロー パターンが異なります。以下で、オフラインを実現するための 2 つのワークフローについて紹介します。

 

① サービス パターン

 

ArcGIS Online や ArcGIS Enterprise といった Web GIS に公開した Web マップを使って必要な時に必要な範囲のデータをダウンロードして使用する編集や編集内容の同期も可能なパターンです。

 

このパターンの特徴は、要求に応じて特定のマップ、レイヤー、データをデバイスにダウンロードできるアプリを構築することができることです。ユーザーはオフラインでデータを編集したり、ネットワークに再接続した際に他のユーザーと編集内容を同期・共有したりすることができます。

 

Web GIS からダウンロードする地図データは、オンラインのマップから必要なエリアとデータを切り出してオフライン アプリで使用する  形式になっており、以下のようなイメージとなります。

 

上記のようなオフライン環境で利用する地図データは次の2つの方法で作成することができます。

 

  1. オンデマンド
    オフライン アプリの利用者は、必要な時に必要な範囲のエリアを指定してデータをダウンロードできます。
  2. プレプラン
    オンデマンドとは異なり、マップの作成者が事前にオフラインで必要なエリアのデータをパッケージ化することができます(作成したデータはWeb GIS 内に格納されます)。そのため、オフラインデータが必要な際にかかるダウンロード時間を短縮することができます。

 

② デスクトップ パターン

ArcGIS のデスクトップ製品 の ArcGIS Pro を使用して地図データや住所検索・ルート検索のもととなるデータなどを作成します。作成したデータを端末にコピーして使用する読み取り専用のパターンです。

 

このパターンの特徴は、ArcGIS Pro を使用して、オフラインでも持ち運び可能なモバイル マップ パッケージモバイル シーン パッケージを作成することができ、一度データを準備し、デバイスに直接コピーするだけで済むことです。デスクトップ パターンは、データが静的で変更が少ない場合に適しています。このコンテンツには、フィーチャ、表形式データ、タイル キャッシュ、ルート検索のためのネットワーク データセット、ロケーターなどを含めることができ、1 つのモバイル マップ パッケージまたはモバイル シーン パッケージ ファイルにパッケージ化することができます。

 

Topic

読み取り専用データ (モバイル マップ パッケージやモバイル シーン パッケージ) に加えて、シェープファイル GeoPackage など、別途ファイルとしてデータを保持することによりデータの編集を行うことができます。

※別ファイルで保持するデータの編集を行うためには Standard ライセンス以上が必要です。

 

データの特徴

上記で 2 つのワークフロー パターンについて紹介しました。

次に、各パターンで登場したデータ (オンデマンド、プレプラン、モバイル マップ パッケージ、モバイル シーン パッケージ) についてそれぞれの特徴を表で紹介します。

 

※以下は2020714日現在の情報

機能

サービス パターン

デスクトップ パターン

プレプラン

マップ

オンデマンド

マップ

モバイル マップ パッケージ
ArcGIS Pro

モバイル シーン パッケージ
ArcGIS Pro

レイヤーの表示

識別、分析

データの編集

×

×

編集データの同期

×

×

ユーザー間でのオフラインマップの共有

×

×

×

定期的なオンラインデータ更新を受信

×

×

×

ジオコーディング

×

×

ルーティング

×

×

ラスター レイヤー

×

×

テーブル データ

×

×

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ArcGIS Runtime SDK を使って実現できるオフライン ワークフローについて説明しました。データの編集や、チームでの共有が必要な場合はサービス パターン、扱うデータが静的なものであればパッケージを作成してデスクトップ パターンでオフライン アプリを実現することができます。次回の連載では、今回紹介した、デスクトップ パターンを実現するための、データの準備方法、ポイントとなるコードについて紹介します。

 

次回

ArcGIS Runtime SDK で実現できるオフラインワークフロー ~デスクトップ パターン~

 

関連リンク

ArcGIS 関連ページ

              ArcGIS Runtime SDK for .NET (ESRIジャパン製品ページ)

              ArcGIS for Developers (ESRIジャパン製品ページ)

              ArcGIS Online (ESRIジャパン製品ページ)

              ArcGIS Enterprise (ESRIジャパン製品ページ)

              ArcGIS for Developer 開発リソース集

              ArcGIS Runtime SDK for .NET (米国Esriページ (英語) )

・シリーズブログ関連ページ

地図×モバイル アプリ開発③ ~ネイティブ アプリ開発編~

デスクトップ地図アプリ開発 シリーズ

Attachments

    Outcomes